HOME >  未分類

やまがた健康推進機構 新型コロナウィルス対応方針

やまがた健康推進機構 新型コロナウィルス対応方針

 

  1. 検診時の対応について

【受診なさる方へのお願い】

1)受診者様には感染予防の為出来る限りマスク着用の上検診を受けて頂きますようお願いいたします。

2)受診者様には検診当日ご家庭で体温測定をして頂くようお願いいたします。

体温が37.5℃以上ある場合は受診をご遠慮ください。

3)受付前に体温測定をお願いする場合がありますのでご了解ください。

施設で受診の方はサーモグラフィによる発熱者スクリーニング(または体温計使用)を実施しております。サーモグラフィスクリーニングで発熱を検知した方へ問診、体温測定をお願いいたします。

4)受付または問診時に発熱(37.5℃以上)または倦怠感、咳などの症状確認をおこない、症状が認められる場合は受診をお断りさせていただき、医療機関へ相談するよう勧めております。

5)受診者様で新型コロナウィルス感染者と接触(新型コロナウィルス感染者または濃厚接触者と接触した場合及び接触した可能性がある場合)が疑われる場合は一定期間(接触後2週間以上)受診をお断りさせていただきます。

6)当面の間、受診者様で2週間以内に県外に出かけられた方、また県外にお住まいの方は受診をお断りさせていただく場合もございます。県外に出かけられた方は2週間を経過してから受診いただきますようご協力お願いいたします。

(2週間以内に特定警戒都道府県が出されている地域へ行かれた場合は検診をお断りさせていただきます。)

7)受診者様で2週間以内に法務省・厚生労働省が定める諸外国に渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴のある方は受診をお断りさせて頂く場合もあります。該当する方は2週間経過してから受診いただきますようご協力お願いいたします。

8)来場した受診者様へ手指消毒を徹底していただいております。

【検診センタースタッフの対応について】

9)職員は毎日体温測定し、発熱等体調不良の場合は検診従事を見合せております。

10)職員は、手指消毒の徹底と検診時のマスク着用を行っております。(一部の検査においては、ディスポ手袋の使用を徹底)

11)検診実施中は定期的に換気をさせていただきます。ご協力お願いします。

12)検診機材の手指等が触れる部分について、受診者様毎に消毒を実施しております。

 

2.新型コロナウィルス感染防止にあたってのお願い

1)今年度は新型コロナウィルス感染防止の観点から、肺機能検査及び呼吸機能検査(COPD)の受入れは中止いたします。

2)検診の際、3密(密閉・密集・密接)を避けるようご協力頂きます。

3)感染防止の為一部サービスの実施を見合せて頂く場合もございます。

(新聞、雑誌などの閲覧なし等)

4)検診の待合時はなるべく会話をお控え頂いております。

 

3.職員に感染(疑い)者が発生した場合の対応について

感染拡大防止を目的として、感染職員の出勤停止、当該施設の使用を中止、事業実施者様のご理解のもと検診事業を休止させていただく場合がございます。

また、職員が感染者との濃厚接触が疑われる場合、施設使用の休止及び事業実施者様のご理解のもと検診事業を休止させていただく場合がございます。

 

4.事業実施者様で受診予定者の方に感染(疑い)者が発生した場合の対応について。

感染拡大防止を目的として、事業実施者様のご理解のもと検診事業を休止させていただく場合がございます。

また、受診予定者で濃厚接触が疑われる方がいらっしゃる場合、事業実施者様のご理解のもと検診事業を休止させていただく場合がございます。

 

5.検診事業の自粛(延期等)について。

政府・自冶体・関係省庁等からの自粛要請があった場合や、感染症が更に拡大し事業実施者様の従業員の健康・安全面を考慮しなければならない場合等、事業実施者様と協議をおこない、検診事業の自粛(延期・中止等)について検討させていただく場合がございます。

 

6.検診事業の縮小及び休止(延期)の対応について。

感染者の治療完治及び新型コロナウィルスの感染終息時、適宜検診日程等の調整を実施させていただき、検診事業を円滑に遂行させていただく為、個別にご相談させていただきますのでご協力お願いいたします。

 

上記については、現時点での対応をまとめたものです。今後、変更等もあり得ることをご了承願います。

 

令和2年6月1日

公益財団法人やまがた健康推進機構

理事長    中 目 千 之