HOME > 健康推進機構の概要 > 沿革

沿革

 

昭和39年 5月 財団法人山形県成人病予防協会設立。山形県主催のパレード発会式並びに第一回山形県成人病予防大会
10月 胃がん検診を開始。協会で購入した1台目の胃がん検診車
昭和43年 10月 子宮がん検診を開始。山形県での子宮がん検診車の1台目
昭和49年 7月 寄附行為を変更し、財団法人山形県結核成人病予防協会に改称。
8月 財団法人結核予防会山形県支部を吸収合併。
昭和52年 9月 財団法人山形県結核成人病予防協会検診センター竣工。
1600名参加のもと、山形県民会館において盛大に開催位置 山形市蔵王成沢字向久保田2220
第13回東日本ガン征圧大会
昭和53年 4月 庄内予防衛生協会を吸収して庄内支部を設置。学童検診を開始。
昭和54年 5月 山形大学医学部及び山形県立中央病院の協力を得て、胃内視鏡検査を開始。
10月 日母方式による子宮がん細胞検査を開始。
昭和55年 4月 人間ドックを開始。
昭和57年 4月 肺がん検診を開始。
昭和60年 4月 細胞診センター設置。
昭和61年 12月 庄内支部検診センター竣工。(昭和62年4月業務開始) 位置 酒田市船場町二丁目1-31
昭和62年 3月 米沢事務所開設。(同年4月業務開始) 位置 米沢市中田町991
4月 乳がん検診を開始。
昭和63年 4月 結核予防会総裁秩父宮妃殿下のご臨席を仰ぎ、第39回結核予防全国大会を1,200余名の参加のもと、天童市市民会館にて開催。
12月 最上支部検診センター竣工。(平成元年4月業務開始) 位置 新庄市大手町2-49
平成元年 4月 米沢事務所を米沢検診センターに改称。大腸がん検診を開始。
平成 2年 4月 前立腺がん検診、腹部超音波検査を開始。
平成 4年 3月 米沢検診センター竣工。(同年4月業務開始) 位置 米沢市西大通一丁目5-66
平成 5年 2月 南陽検診センター竣工。(同年4月業務開始) 位置 南陽市三間通466-5
平成 6年 3月 山形検診センター診療棟の増築竣工。(同年4月業務開始)建築面積 診療棟(鉄筋コンクリート2階建)609.00m2
9月 本部事務局棟竣工。 位置 山形市蔵王成沢字久保田2617-4
平成11年 4月 マンモグラフィ併用乳がん検診開始。
平成13年 4月 PSAによる前立腺がん検診を開始。
平成14年 4月 厚生労働省の「C型肝炎等緊急総合対策」の一環として肝炎ウイルス検診を開始。
9月 がん征圧全国大会を山形市「山形テルサ」で800余名参加のもと開催。
平成15年 1月 山形検診センター新館竣工。(同年4月業務開始)
4月 細胞診センターが日本臨床細胞学会施設の認定を受ける。
平成16年 4月 5検診センター全てがマンモグラフィ検診施設画像認定を受ける。
平成18年 2月 庄内検診センター竣工。(同年4月業務開始) 位置 酒田市東町一丁目23-1
平成19年 2月 胃部・呼吸器併用DR車を初導入
平成20年 4月 特定健康・特定保健指導開始
平成22年 9月 職員全員参加の一日普及啓発「みんなで広げよう健康の輪」を開催
平成23年 7月 全センターにてICカードハンディ健診を導入
平成24年 4月 公益財団法人認定を受け名称を「やまがた健康推進機構」に改称
平成26年 4月 組織改正を行い、事務局を山形検診センターに統合