HOME > 普及啓発活動

普及啓発活動

キャンペーン、月間にあわせた広報活動

がん征圧月間 結核予防週間 がん検診受診率50%達成に
向けた集中キャンペーン
ピンクリボン運動
位置づけ 主催(日本対がん協会山形県支部) 主催(結核予防会山形県支部) 協力 共催
活動内容 マスメディアを活用した広報 マスメディアを活用した広報 マスメディアを活用した広報 職員の派遣
活動月間 9月 9月24日~30日 10月 10月

マスメディアを利用した広報活動

がん征圧月間・結核予防週間の9月を中心に、テレビスポット、ラジオスポット、新聞広告等を活用し、予防意識の高揚と受診勧奨の啓発を図っています。

普及啓発イベント等の開催、共催

  1. 『みんなで広げよう健康の輪』ここをクリックの開催
    がん征圧月間・結核予防週間の9月に併せて、予防意識の高揚と知識の向上、検診の重要性を訴えるためマスメディアを活用した企画、街頭キャンペーン、記念講演等を行います。

広報教育媒体の整備貸出し

市町村や学校等に対し、健康パネル、健康DVD等の広報媒体物の無料貸出しを行い、健康まつりや健康教育で疾病予防の啓発を図っています。

健康機関誌等の作成、配布

健康機関紙の事業所等への配布やパンフレットの街頭での配布等を実施し、疾病予防の啓発を図っています。

  1. 「しあわせ」ここをクリック(年2回)……当機構発行(がん・結核予防の知識普及)。疾病の知識とその予防などを掲載し、県や市町村、婦人団体等広く県民に配布いたします。
  2. 「対がん協会報」(毎月)……公益財団法人日本対がん協会発行(増刊号年1回発行)。維持会員の皆様等に配布いたします。
  3. 「複十字誌」(年6回)……公益財団法人結核予防会発行。県・市町村等に配布いたします。
  4. 喫煙教育パンフレット……山形県喫煙問題研究所編、当会発行(禁煙活動のサポートここをクリック
  5. その他各種パンフレット……「みんなで広げよう健康の輪」ここをクリックでの街頭配布等(乳がん自己検診パンフほか)

健康づくり組織活動

疾病予防や生活習慣の見直しなどの啓発に取り組む団体の活動を支援し、予防意識の高揚と検診の受診勧奨を図っています。

  1. 山形まめの会ここをクリック(術後者の会)
    自らの経験を活かして生活習慣の改善やがん検診の受診等を呼び掛ける活動を実施しています。
  2. 山形県結核成人病予防婦人団体連絡協議会ここをクリック(県婦人連盟、JA女性組織協議会、商工会女性部連合会で構成)
    「家族の健康は主婦の手で」を合言葉に、女性の立場から家族等へ健康の大切さを伝える活動を実施しています。
  3. 地区保健衛生団体
    公衆衛生事業を推進する各種団体が、広く県民に検診受診や健康の大切さを伝える活動を実施しています。

その他の普及啓発

  1. 複十字シール募金運動ここをクリック(主体は公益財団法人結核予防会)
    世界約80カ国で行われる募金運動。浄財は、結核・肺がん・COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患を無くすための活動に使われます。本会は、山形県支部として運動を推進しています。
  2. 維持会運動ここをクリック
    がん・生活習慣病征圧のための募金運動。浄財は、がん予防パンフレット、教育模型の整備などに使われます。
  3. その他
    会議、研修会の開催や講演会等への医師、保健師、管理栄養士、健康運動指導士の派遣を行っています。